2011年5月29日日曜日

KORG monotribe レビュー

久しぶりの投稿になってしまいました。

さて今日は先日コルグより発売された
アナログステップシーケンサー、monotribeをレビューしていきます。

まずはフロント側

まぁ公式HPにも散々出ていたので
この絵はむしろ見慣れてしまったですけど


実は一番気になっていたのがココ。

スピーカー内臓で って公式HPには書いて有るけど
公式の画像ではフロントと I/Oの部分だけで
ドコにスピーカーがるのかわかりませんでしたね。

机の上においてツマミを弄くってる分には
十分すぎる音量です。

musikmesseで発表されてから
こいつの存在は知っていたのですが
直感で欲しい!
とは思っていました。

しかし用途とかを考えると何様の誰得だ?
ってなってしまって
購入は見送ろうとおもっていたところに



これですよw
アナログシンセとシーケンサーかと思いきや
現在のsynthesizerシーンに合わせて
DAWと連結できる!

この動画を見た直後に、楽器屋に直行していましたw



早速自分もやってみました!

うーんコレは
懸念されていた8stepっていう短さが
逆にリアルタイムで色々やるにはちょうどいい感じ!
Acidファンにはたまらないです!

こいつを弄りだすと数時間たってしまうのはここだけの秘密☆

0 件のコメント:

コメントを投稿